blogブログ/お知らせ

整骨院Staff ブログ

2021.01.05

交通事故?どうしたらいい?現実的な流れを書きます!

寒い季節は多くなる傾向にあります。
最近、車で走っていると交通事故現場をよく見かけるようになりました。
 
 
この時期に多い理由はというと…
・日照時間が短くなり見通しが悪くなる
・路面が凍結したりと、道路状況が悪くなる
・エアコン使用時、眠気がきての居眠り運転
などが挙げられます。
 
 
 
 
万が一、交通事故を起こしてしまったら』

相手がなんて言おうと

①すぐに警察へ連絡してください

大小関わらず、後々何かの賠償が発生します。

現場検証、実証見分調書作成などに時間をとられますが必ず行ってください!

 

➁痛み(怪我)があれば病院にすぐ行ってください

早ければ早い方がいいです。遅くなると

・保証を受ける保険会社によっては「事故によるものでない」と判断されることもあります。

痛みがなくても検査は受けた方がいいです。

・むちうちを代表として、事故後は後から症状が出てくるケースが多いです。

 

➂保険会社と連絡を取ってください

・この時点での治療費は立て替えになりますが、申請すると保険会社が負担してくれます。←領収書を忘れずに!!!

・治療する必要がなければ保険会社、または両者で示談に進みます。

 

痛みが残り治療が必要であれば”人身事故”にする必要があります。

※最初は物損事故になってます

【人身事故にするために必要なこと、もの】

・病院での診断書

・警察への申請、再手続き

・相手保険会社への連絡

保険会社へは必ず行ってください、連絡をしないと保証外とされる場合があります。

 

➃治療を開始してください

・保険会社や相手方との話がまとまっていなくても大丈夫です。治療は早い方がいいです。

・ほとんどの病院、整骨院等は実質負担金はかかりません(10割を国や保険が負担してくれます)

・痛みがあれば誰が何と言おうと治療を受ける権利があります

痛みの無くなり方には個人差があります。本人じゃないとわかりません。

「もう治ったんじゃないですか?」「一般的には○○カ月で治ります」など耳にすることがありますが、関係ありません。

・痛みが治まってきたら慎重に病院または整骨院の先生と話をして治療終了してください。

 

簡単でしたがリアルな流れをお書きしました。

交通事故に遭って

特に被害者の場合、怪我を負った場合はちゃんと保険を利用して対処してください。

 

よしおか整骨院でも交通事故治療を行っております。

患者様に気持ちに寄り添った「適切な治療」「適切な対応」を心がけております!!

 

是非、ご相談ください!!

 

☎092-332-2919

✉yoshioka_seikotsuin@yahoo.co.jp

LINE   yoshioka0707

 
 
 
ブログ記事一覧に戻る

この記事のあとに
よく読まれている記事

コンプレフロス導入‼️

ウイルス感染防止対策の再徹底

糸島市広報誌「いとしま」に掲載されました♪

新春!特別価格回数券!!